banner

会社設立と印鑑

会社設立と印鑑の関係について

何らかの事業を行おうとする場合、最終的には会社設立の道を歩むのが一般的ですが、その際には必要になるものが沢山あります。会社設立を行うということはそれ自体が法的な手続きになりますので、会社設立のために法人設立登記のための書類一式が必要になるのは当然のことです。そして会社設立のためには会社の意思表示を行うために必要になる印鑑を作らなければなりません。

この様な印は印鑑証明を取り、会社の印として様々な場面で活躍することになるでしょう。会社設立を行うと決めた場合には早い段階でこの印を作成しておくことが望まれます。書類関係は急いで作ることが不可能ではありませんが、印の様な物理的な商品に関してはそれ相応の時間が必要となりますので注意しておく必要があると言えます。

この様な印鑑は一般的に三種類作るのが標準的な対応であると言われています。一つは会社の印鑑、いわゆる代表者の印になります。ここには会社の名称が入るのが一般的になりますので、印の作成の前に正式名称をしっかりと決めておくことが必要です。もしも変わる様なことがあれば代表者の印鑑も変更する必要が出てきます。

そのためかなり慎重に作成しなければならないものであると言えるでしょう。そして代表者の印と一緒に作ることになるケースが多いと考えられているのが銀行印です。銀行の印は代表者の印と似たデザインで作られることが多いですが、銀行取引にのみ使用するのが一般的であり、対外的に公表されることはあまりありません。

決済に対して会社の意思表示を行うために利用されますので、敢えて代表者の印とは分けて作成するのが一般的であると言えます。これら二種類の印は丸い形で作られるのが一般的になっていますが、それらとは異なり角印と呼ばれる四角い形の印も同時に作成するのが一般的です。

会社設立の場合にはそれらの印鑑の全てを活用して書類作成をすることになるでしょう。中でも重要になるのが法人印、または代表社印と呼ばれる印です。これは印鑑証明用の印として登録され、様々な場面で使用することになります。会社の印は決済の意思を証明する手段となりますので既成の印を使用したり、設立時に既にある印を使用するのは望ましくありません。必ず会社の設立のために新規で作成するのが望ましいと言えるでしょう。この様な対応を行うことで不正を防ぐ効果を期待することも出来ますのでおすすめ出来るものであると言えるでしょう。

Copyright © 2019 会社設立後に必要となる法的な届出の種類 All Rights Reserved.