banner

会社法の関係

会社設立と会社法の関係について

会社に関する法律として会社法と言うものが知られています。この法律によって設立することが出来る会社と言うものが規定されています。現在でも様々な企業が設立可能な状態になっていますが、一般的な事業目的の場合に会社設立出来る会社の形態としては株式会社と合同会社があることが知られています。この内、株式会社は誰もが知っているほど有名な会社の形であると言えるでしょう。

昔から存在しており、会社と言うと誰もが始めにイメージする会社の形であると言えます。次に有名なのはおそらく有限会社であると言えるでしょう。この会社形態は現在の会社法では会社設立が出来なくなっています。その代わりに会社設立が可能になった新しい会社の形が合同会社であると言えます。

合同会社は新しい会社法によって会社設立が可能になってから時間が経過していないということもあり、知名度に劣るところがあります。しかしながら個人事業を行っている人や家族経営等小規模事業を行っている人にとっては魅力的な仕組みを持っている仕組みであると言えるでしょう。合同会社はこの様な小規模事業を法人化するのに適しているところがあり、株式会社の様に面倒な仕組みから解放されているところが便利であるとも考えられています。

定款に定めることでおおよそのことが実現可能な組織運営が出来る点が非常に柔軟にできています。合同会社の場合には会社法に反しない内容であれば柔軟に物事を決めて行くことが出来る仕組みがあるのです。

一方で会社設立の選択肢としては最も一般的であるのが株式会社です。株式会社が最も一般的である理由には様々な要因がありますが、知名度が高く信頼性が高いことが挙げられます。会社法に定められている内容については合同会社に比べて細かいところがありますが、この様な仕組みに沿って企業運営を行うことで広く信用を得ることが出来るようになります。

その様なメリットを期待して株式会社を設立するケースが少なくありません。特に個人事業主として事業を行っていた場合等においては法人化することによるメリットは非常に大きく、法人となることによる信用の増強以外にも様々な節税効果なども期待することが出来るようになるのが嬉しいところであると言えます。合同会社でも同じような節税効果を得ることが出来ますので、会社設立を行うということはビジネスを行おうとする人にとって非常にメリットのある制度であると言えるのです。

Copyright © 2019 会社設立後に必要となる法的な届出の種類 All Rights Reserved.