banner

会社設立

株式会社以外の会社設立について

会社設立はその名前の示す通り会社を作ることを意味する言葉です。これは建物を建てたり看板を設置することを意味するのではなく、法的な手続きのことを意味するのが一般的です。会社設立をするためには必要書類を準備して地域を所轄する法務局に届出を行う必要があります。この様な手続きを経て会社設立が行われるのです。

一般にこの様に会社を作ることを考える場合、株式会社をイメージする人が多いでしょう。それほどまでに株式会社の知名度は高く、それ以外の会社形態と言うものが知られていません。しかし実際に会社設立を考えるのであればどのような会社の形があり、行おうとしていることに対してどれが最もふさわしいものであるのかについてしっかりと検討しなければなりません。

株式会社と言うのは非常によく知られている会社の形であることからもわかるように、ごく一般的な事業を行う場合に選択されることの多い会社の形です。株式と呼ばれる形で出資を募り、保有している株式に応じた配当を出すことを基本とする仕組みがあるため広く投資を募り、公平な配当を行うことが可能です。

事業が軌道に乗りさらに大きくなることを希望する場合には株式を公開し、市場での取引が出来るようにすることでさらに大きな出資を募ることが出来ます。会社設立をして大きな企業を作ろうとする場合には最適な選択肢であると言えるのです。

一方で個人事業主が行っている様な零細事業を法人化することを目的とした会社設立の場合には合同会社と言う会社の形がとられることもあります。手続きが比較的シンプルであり、出資額に応じた配当も義務付けられてはいないためかなり自由度の高い会社となる仕組みを持っているのが合同会社です。

法人化によるメリットを享受することを目的としている場合等においてはこの合同会社の開設が向いているという場合もあるでしょう。あるいは利益を出して出資者に還元して行くことを目的としない非営利の活動を行うのであれば一般社団法人の設立なども選択肢に入ってきます。

一般社団法人は株式会社と同じように仕事を行い給料を出すことの出来るごく普通の組織のための法人格ですが、営利ではないために出資者に配当を出すことが出来ません。活動の種類によってはこの様な法人格を取得した方が良い場合もありますので、どのような選択肢があり、どれを選択するのが望ましいのかについてはしっかりと検討して決めるべきであると言えるでしょう。

Copyright © 2019 会社設立後に必要となる法的な届出の種類 All Rights Reserved.