banner

会社設立と節税

会社設立と節税について

会社設立を行う目的は会社を作ることであるというのが当たり前の結論ではありますが、会社を作ることの目的には様々な種類があるのです。その理由の一つになるのが税金の節約です。会社を作ることが節税につながるという現実があるため、どのような事業であってもある程度の規模になると会社設立を検討する様になる仕組みがあると言えます。

事業を行うだけであれば会社設立をする必要はないのですが、会社設立をした方が様々なメリットが得られるという現実があるのです。節税の他に事業に対するリスクの低減や信頼度の向上等数多くのメリットがあるのですが、それらのメリットを得るために会社を作ると言う手続きが行われています。

事業開始と同時に会社設立をするケースも少なからず存在しています。最初からビジネスモデルがしっかりと出来上がっており、迷いが無い場合には最初から会社を作る場合もあるでしょう。その背景には節税よりもむしろ会社を設立することによる対外的な信用を向上させることを目的にしている場合が多いと言えるでしょう。

会社を設立しない場合には個人事業主として仕事をすることになりますが、余程強力な人脈を持っていない限りは非常に弱い立場に立たされることになると言えるでしょう。その様な際に最低限できることとして事業の法人化が挙げられます。しかし会社を作ったからと言って信用が得られるわけではありません。あくまでも最低限度の土台づくりでしかないと言えるでしょう。

そんな中、会社設立に伴う節税効果は事業収入がある程度大きくなってきた際に顕著にメリットが生じてきます。会社設立をせずに個人事業主としてビジネスを行う場合、全ての事業収入は個人名義の口座に振り込まれることになります。会社の口座と言うものは法人口座と言い、会社設立をしなければ作ることが出来ません。

そのため個人事業主の場合は事業収入も全て個人口座に振り込まれますのでそれらを整理しなければならず、全ての収入に対して課税されます。そこから経費を差し引いたものが収入となるのですが、そこにも課税されてしまう仕組みがあるのです。一方会社設立をして法人を作れば事業収入を明確に自分の収入から切り離せます。

その上、自分の取り分は役員報酬として経費にすることが出来るのです。このことは自分の取り分が多くなればなるほど顕著であると言えます。この様な形で節税が可能であるというのが会社設立のメリットの一つになっています。

Copyright © 2018 会社設立後に必要となる法的な届出の種類 All Rights Reserved.